• ホーム
  • 膿出る前にバルトレックスでヘルペス対策、鼻血に注意

膿出る前にバルトレックスでヘルペス対策、鼻血に注意

男性の方は自分の性器に水疱瘡のようなブツブツができていたら、それはヘルペスという性病にかかっている合図です。
その症状が確認できるようなら、放置していては危険です。
ヘルペスの症状が進行して水疱が膿を持つようになると、性器にばい菌が入り健康に支障が出る危険性があるためです。
性病科や皮膚科などの医療機関を受診し検査を受け、適切な治療を受けるようにしましょう。

ヘルペスの基本的な治療には、ウイルスを抑制する作用のあるバルトレックスが使われます。
ヘルペスはウイルス性の性感染症であり、一度感染してしまうと一生体内にウイルスが存在し続ける厄介な病気です。
症状が小康状態になっても少しでも体の免疫機能が低下すれば、ウイルスが活性化し再発してしまう性質を持っています。
バルトレックスを日常的に服用し続けることにより、ヘルペスの進行を緩和・改善し予防することが可能となります。
膿が出るほどに皮膚が爛れないようにするためには、バルトレックスの服用で水疱が見られなくなっても薬の中断はしないことが大切です。

改善・予防するには必要なバルトレックスですが、長く服用するにあたって気を付けておくべきこともあります。
服用を続けるにあたり、稀な割合であっても副作用が出る可能性もあると認識しておきましょう。
薬の副作用としてよくある頭痛、吐き気などの他にバルトレックスを使用していると鼻血が出る場合があります。
鼻血が出る症状が起こったら、バルトレックスの服用で血液系の機能に問題が出ていると判断できます。
鼻血が度々出るようであれば、医師に相談することをおすすめします。
鼻血がよく出てしまうのは血小板が減少しているために起こるので、治まらないようであれば服用の続行は危険です。

関連記事