• ホーム
  • 吐き気の副作用のバルトレックスはインターネットで

吐き気の副作用のバルトレックスはインターネットで

悩む男性

バルトレックスは、主にヘルペスの治療薬として使用される薬です。
ヘルペスを発症してから早期に服用することが重要なのですが、仕事が忙しくてなかなか医療機関に通えないという人も少なくないでしょう。
しかし、ヘルペスは抵抗力が落ちたり疲れてストレスが溜まっている、あるいは睡眠不足気味などという時に活動が活発になるため、ひどくなる前に早めに治療を受けたいものです。

バルトレックスは、ヘルペスの症状が出始めてきて服用するのではあまり効果がなく、なるべくウイルスが繁殖する前に沈静化しないと完治までに非常に時間がかかってしまうことは考えられます。
水疱ができていてそれがつぶれていた部位に触ったりすると、その部分に触れた人にも感染させてしまうことがあるので、もしパートナーや家族がいる場合には一緒に治療を受けるのも良いかもしれません。
ただ、前述通りなかなか時間が取れずに医療機関に行けないという人は、インターネットで海外から個人輸入で購入することも可能です。
あらかじめ用意しておけばヘルペスの活動が活発になりそうだと感じたら早めに服用することができます。
特にヘルペスは再発しやすい病気でもあるので、常にそばに用意しておくと安心だといえます。

ただ、バルトレックスは服用すると吐き気や下痢、めまいなどの副作用が出ることもあります。
稀に、アナフィラキシーショックやけいれんなどの重篤な副作用を起こすこともあります。
医療機関で処方してもらう場合には副作用についての注意事項などを説明してもらうことができます。
海外から個人輸入する場合は自己責任になりますので、もし服用した後でなにか体に重篤な異変を感じたら早めに医療機関に行くようにするのが望ましいでしょう。

関連記事