• ホーム
  • バルトレックスは早めに服用するべき

バルトレックスは早めに服用するべき

心配する男性

単純疱疹などのヘルペスウイルスが原因で発症する病気を治療するのに有効なのがバルトレックスです。
どうして早めに服用した方が良いのかというと、バルトレックスは増殖してしまったウイルスを死滅させているわけでは無くて増殖するのを妨げる働きがあるからです。
バルトレックスの主成分はバラシクロビルであり、このバラシクロビルは体内で吸収されるとアシクロビルに変換されます。
そしてアシクロビルがヘルペスウイルスの増殖に関係する酵素であるDNAポリメラーゼの働きを阻害する事でウイルスの増殖を抑えるのです。
つまり、ヘルペスウイルスが関連した病気が発症した場合に薬を服用するのが遅れて時間が経ってしまう程、ウイルスはどんどん増殖して症状が悪化していきます。
遅れて服用したのではすでに増殖がピークを迎えてしまってバルトレックスを服用してウイルスの増殖を阻害しても意味が無いという訳です。

バルトレックスを購入するには処方せん薬であるために通常は病院へ行って医師の処方が必要でありますので、病院で処方して貰うのが遅れてしまうとそれだけ症状が進行してしまいます。
症状が現れてからすぐに薬を服用するために、予め手元に置いておきたいという人もいて、再発予防のためだと健康保険が使えずに高額になる場合もあるので安く購入する事が出来る個人輸入に頼る人もいます。
個人輸入での薬の購入は、他人に譲渡したり販売する事なく自分自身が使う分には法律でも認められています。
輸入に伴う手続きについても個人輸入代行業者を介して注文する事で、一般的な通販と同じように購入する事が出来ます。
ただ、薬の服用の独断は危険であるという事や個人輸入によるトラブルが多発している事を考えると、出来る限りは病院で処方して貰うようにするのが安心です。

関連記事