• ホーム
  • バルトレックスの副作用とは

バルトレックスの副作用とは

パソコンを使う男性

薬に含まれている塩酸バラシクロビルという成分の作用によってヘルペスウイルスの増殖を抑える事で単純疱疹や帯状疱疹、性器ヘルペス、小児水ぼうそうといった症状の悪化を防ぐ抗ウイルス薬であるバルトレックス。
このバルトレックスは比較的副作用が少ない薬として認識されており、この薬の成分や同類薬であるアシクロビルに対して過敏症と診断された方の利用は禁じられている物の安全な薬として有名な薬となっています。
この主な副作用ですが、単純疱疹の患者の場合は頭痛や眠気、肝機能値の上昇があります。

帯状疱疹の患者の方の場合は肝機能値や尿素窒素値の上昇や腰痛、クレアチニン値の上昇を始めとする腎障害が見られます。
性器ヘルペスの患者の方の場合は頭痛や吐き気、腹痛、下痢といった症状があります。
水ぼうそうの患者の方の場合は肝機能値の上昇や便秘気味になるといったように治療する病気によって発症する症状が変わっていきます。

しかし上述した軽度の副作用以外にもバルトレックスによって極稀に重大・重篤な副作用が出たという事が報告されています。
その例を挙げていくと、体のだるさやむくみ、血尿や尿の濁りといった症状が発生する急性腎不全や蕁麻疹や顔の腫れ、息苦しさ等を発症するアナフィラキシー様症状があります。
他にも口内炎や皮下出血、歯肉出血等といった血液成分の異常、唇や口内の爛れ、水ぶくれ、発疹等を発症する皮膚粘膜眼症候群があげられます。
上腹部から背中に掛けての強い痛みや嘔吐症状を引き起こす膵炎等々といった物となっており、また過剰に摂取すると意識障害や精神変調を引き起こす事になってしまいます。
このような事から腎機能が低下している高齢者の方や腎障害を持っている方、胎児に悪影響を及ぼす可能性のある妊婦や妊娠している可能性のある方、幼児といった方達は担当医との相談の下でバルトレックスの利用を検討していく事になっています。

関連記事